シンプルに生きる

シンプルに生きたいワーキングマザーのブログ

発達障害かもしれない話

こんにちは。

ふーです。

 

なかなか構えるタイトルですね。

 

実はしんどくなって、初めて心療内科にかかった時に、ADHDの可能性を疑われました。

 

今回異動があった時

今までにないくらいうまく適応出来なかったんですよね。

段取りがうまくつけられず、注意がうまく向けられず。

事務作業が苦手。

 

そんな話をしてたら、ADHDの話が出ました。

 

家ではどうなん?片付けとか。

という話になりましたが

私、モノの量が多すぎると混乱して、頭が散らかるので、モノが増やせないんです。

なので、要は自分のキャパにあった量を持つようにしてるので、あんまり困ってないかなと。

強いて言うなら、忘れ物が多いかな。

あと、時間の段取りも下手なので、めちゃくちゃ早く家出たりします。

よく考えたら、けっこうウッカリな人生を送ってきたので、何とか工夫してきたという感じでしょうか。

 

それってみんなじゃない?と思う自分と

その工夫を苦労してやってるのはやっぱり兆候あるのかな。

と思う自分がいます。

 

いずれにせよ、うつ状態になってからのほうが症状が酷いので、そっちの症状の可能性も大いにあるわけですが・・・

 

そんなわけで、検査を受けることになりました。

 

私自身、発達障害については何とも思ってないし、そうならそうでよいかなとは思ってます。

それに応じて対応していこうと思うので。

だけど、モヤッとする気持ちはありました。

 

それはなにかと言うと

発達障害かもとか言って、結局違ったとしたら、単なる私の努力不足だし、なんか恥ずかしい。

という思い。

それもあって、病院でそういう可能性があると言われたことはなかなか言えませんでした。

 

実際あんまり問題なく仕事をしてきたので、職場で報告したら

「大げさな!ほんと?」

「そのお医者さん大丈夫?」

「検査なんか受けんでいいんじゃ?」

という反応でした。

あー、検査の前に言うんじゃなかったとはちょっと思いましたが、言ってしまったので、仕方ない・・・

 

私にはそのお医者さんの判断が正しいかもわからないし、何ともですが、自分の抱えている物が客観的な指標で判断してもらえるならそれでいいかなと思ってます。

 

この流れで、発達障害かもという話は難しいもんだなあとは感じました。

特に、「大げさな!」とか「こんなの発達障害違うんじゃない?」みたいなのは、人を萎縮させて、不安にさせてしまうよなあと感じました。ただ、今回病院で言われるまで、自分も思ってた事なんで、渦中となって、反省しました。

 

あとは検査を受けてみてどうなることやらです。